記事一覧 カテゴリ:‘古物商改正情報’

古物商改正情報~本人確認、古物商管理台帳記載~

2013-02-13

 

古物営業法第15条(本人確認義務)、第16条(記録義務)については、取引の対価の総額が1万円未満の場合は、原則、免除(法第15条第2項第1号、同法施行規則第16条第1項)されます。

ただし、その例外として、古物営業法施行規則第16条第2項第1号、同第2号により、自動二輪車及び原動機付き自転車、家庭用ゲームソフトは、1万円未満であっても本人確認及び記録が義務づけられていました。

今回、近年の換金目的の万引き被害品の市場への流入を抑止するため、古物営業法施行規則第16条第2項が改正され、規制対象として、新たに「CD、DVD等」、「書籍」が加えられました。

そのため、1万円未満の自動二輪車及び原動機付き自転車、家庭用ゲームソフト「CD、DVD等」、「書籍」においては、

本人確認義務と古物商管理台帳への記録義務が必要となってきます。

同改正規則は、平成23年4月1日から施行されます。

 

 

 

Copyright© 2010 古物商許可申請、変更手続きから古物商の運営に関する事ならアベルト古物サポートセンター All Rights Reserved.