よくあるご質問

 

古物商の許可申請や、古物商の許可をご取得後に変更があった場合、また古物商を運営(従業者証など)するにあたり、

よくご質問を頂きます内容を、Q&A形式にまとめました。

 

 

目次

 

古物商許可申請編

古物商変更編

古物商運営編

当社にご依頼頂いた場合


古物商許可申請前のQ&A

 

 

質問

既に「古物」となっている物品を購入して売却する行為は、すべて古物営業に該当するのかな?

 

 

「営業」として行わず、一回的に行う場合は該当しません。営業とは、営利の目的をもって同種の行為を反復継続して行うことをいいます。「営業性」の有無については、行為の実情に即して客観的に判断されます。
 

質問

小売店から購入した物を営業として売却する場合、「古物営業」に該当するのかな?

 

 

新品のみを扱う小売店から直接購入した物を売却する行為は、営業として行ったとしても「古物営業」に該当しません(営業として行わず一回的に行う場合も当然に該当しません。)。

 

質問

自分で使っていた物をオークションで売る場合、古物商の許可は必要なのかな?

 

 

自分で使用していたものも中古品ですので古物には該当しますが、自己使用していたもの、自己使用のために買ったが未使用のものを売却するだけの場合は、古物商の許可は必要ありません。しかし、自己使用といいながら、実際は、転売するために古物を買って持っているのであれば、許可を取らなければなりません。

 

質問

個人の古物商許可申請と法人の古物商許可申請はどう違うの?どっちがいいのかな?

 

 

個人で古物商免許を取得した場合、古物の売買をする際の取引主体が個人でなければなりません。個人用に取得した古物商免許を法人の取引用に利用することは出来ません。よって、法人設立を近いうちに予定しているのであれば、法人での古物商許可を取得することをお勧めしております。個人で取得した古物商免許を法人に切り替えることは出来ません。もう一度、法人で古物商を行うための古物商許可を取り直さなくてはいけません。また、法人の古物商免許を別途取得される場合に、お客様が個人で取得された営業所と法人で取得された営業所の管理者を兼ねることもできません。既に古物商の管理者として登録されている方は新たに古物商の管理者として登録することが出来ません。法人で古物営業を行う際には、別の方を管理者として立てて頂くか、もしくは個人の古物商許可を廃止したうえで、ご自分を古物商管理者として、法人の古物商許可を取得することになります。

 

質問古物商欠格事由の「破産者」とは自己破産のことですか?債務整理は含まれますか?

 

「破産者」とは債務整理の中に含まれている自己破産のことです。

そのため、任意整理や民事再生手続き、過払い金返還請求などは含まれません。

自己破産のご経験があっても、免責の手続きがお済みであれば古物商の許可をご取得するにあたり問題ございません。

 

質問古物商許可を取得するにあたり代表者と管理者は同じ人でないといけないの?

 

いいえ、必ずしも同一人物でなくても構いません。例えば少し規模の大きな会社などのように本社機能と古物商を行う営業所が別れている場合ですと、営業を行う現場店の責任者の方等が管理者を行う方が適しておりますので、代表者と古物商管理者は別になることが多いです。個人で古物商免許を取得される方の場合だと、代表者と管理者を同一人にしている場合が多いです。

 

質問古物商許可を取得すれば、全国で売買できるのですか?

 

いいえ。複数の都道府県で営業所を構えるのであれば、その都道府県ごとの許可が必要になってきます。

ただし、「行商」といって営業所を構えずに(露店など)古物商を行う場合は都道府県ごとの古物商許可は不要です。この場合でも、古物商の免許を取得する際に最低一箇所以上の営業所を設ける必要はございます。

 

質問古着屋を経営しようと考えていますが、個人から直接買い取りはせず、業者から購入した古着を販売するのみです。この場合でも古物商の許可は必要でしょうか?

 

必要です。業者から仕入れている場合でも、商品は一度消費者の手に渡っているものですので古物として扱われます。その古物を営業目的で仕入れる行為も、販売する行為も、行うためには古物商の許可が必要です。

 

質問外国に行って雑貨などを買ってきて、日本で売る場合は、古物商許可が必要ですか?

 

自分が外国で買い付けをしたものを国内で売るだけでしたら、古物商の許可は必要ありません。しかし、他の業者が輸入したものを日本国内で買い取って売る場合は、古物商の許可が必要です。

 

質問無償で譲り受けた古物を販売する場合も古物商許可は必要ですか?

 

古物の買い受け、交換又はこれらの委託により、売主等に何らかの利益が生じる場合は、古物商許可が必要ですが、たまたま全くの無償で引き取ってきたものを売る場合は、古物商許可は必要ありません。古物営業法は、盗品等の流通防止や早期発見を目的としているので、例えば窃盗犯人が盗品を処分しようとするときに、何ら利益もなく処分する可能性が低いからというのがその理由です。しかし、定期的に古物を無償で受け取る場合などは古物商の免許を取得される事をお勧め致します。

 

質問古物商許可申請を行うにあたり中古車を扱いたいのですが、何か注意することはありますか?

 

ほとんどの都道府県において中古車や中古車部品を取り扱う場合は、中古車を置くスペースが事前に確保されていることが古物商許可の条件となります。

 

 

質問個人で古物商許可を受けていた父が亡くなりました。息子の私が店を引き継ぐことはできますか?

 

亡くなったお父様の古物商許可は、お父様個人のものですので、そのまま古物許可の立場を引き継ぐことはできません。息子さん自身が古物商の許可を取得する必要があります。

 

 


古物商許可取得後の変更届けに関してよくあるQ&A

 

質問営業所を移転したのですが、古物商の許可はまた一から取り直さなければいけないですか?

 

古物商の許可申請は都道府県ごとの許可となっておりますので、県をまたいでの移転でしたら古物商許可を取得する必要がございます。県をまたがない移転でしたら古物商変更届け出を提出することになりますので、改めて古物商許可を取り直す必要はございません。

 

質問古物商を行う営業所を増やしたいです。

 

既に古物商許可を取得した県内に営業所を増やすのであれば、古物商交替届け出を提出致します。もし県外に増設するのであれば、古物商許可申請をする必要がございます。

 

質問個人で古物商許可を受けていた父が亡くなりました。息子の私が店を引き継ぐことはできますか?

 

亡くなったお父様の古物商許可は、お父様個人のものですので、そのまま古物営業を引き継ぐことはできません。息子さん自身が古物商許可を取得する必要があります。

 

質問法人で古物商許可を受けていた代表者が亡くなりました。この場合、また1から古物商許可を取り直す必要がありますか?

 

いいえ。ございません。古物商許可は法人のものですので、代表者がなくなったとしても改めて古物商許可を取得する必要はございません。古物商交替届け出を提出することになります。

 

 


古物商運営編に関してよくあるQ&A

 

質問古物商の従業者証って何です?

 

古物商の従業者証とは、例えば社員が買い取り訪問をする場合に持ち歩く身分証明書です。

古物商許可が降りた際に手帳が発行されますが、こちらは一冊しか発行されませんので、沢山の従業者が買い取り訪問に出歩く場合に従業者証を作成するケースがあります。また、沢山の従業員がいなくとも、買い取り訪問を行う場合は作成されることをお勧め致します。

もし仮に手帳を紛失されると、再発行の手続きを警察署で行う必要があり、再発行に手数料として1300円が必要になります。手間も料金もかかってしまうからです。

質問古物商市場とは何ですか?

 

古物商市場とは、中古品市場であり格安で中古品の仕入れが可能とも言われております。しかし、この古物商市場に参加するためには、古物商の許可が必要となってきます。

もともとある古物商市場に参加するためには、参加したい古物商市場主に問い合わせてみるとよろしいです。古物商市場によっては参加希望者に一定の取引実績があることを求められたり、中古車市場の場合ですと保証人や不動産の担保を要求される場合もあります。

古物商市場を開催する場合には、警察への古物商市場許可が必要となってきます。

 

質問古物商プレートって何ですか?必ず作らなければならないの?

 

古物商プレートとは、小さな看板で、必ず見やすい場所に掲げる必要がございます。例え、店舗を構えずインターネット営業のみ行う場合であっても、掲載することが法律で義務付けられております。

 

 


参考までに、、、当社にご依頼頂いた場合のQ&A

 

質問申請までどのくらい時間がかかりますか?

 

申請まででしたら、最短で約10日となります。ご依頼後、アンケートやご入金をしていただき、お客様にご署名ご捺印頂く書類をお送り致します。お客様の書類返送後、約10日前後で申請書類をお渡し致しますので、最後に管轄の警察署へ行っていただきます。但し、古物商許可が降りるのは古物商許可申請後、40日以内と言われております。そのため、2週間で古物商許可が降りるケースもあれば、古物商の許可が降りるのに40日かかるケースもございます。これは、県ごとの警察官と古物商許可申請書類がしっかり整っているか否かで変動がございます。お急ぎならば、「しっかり整っている古物商許可申請の書類」を「なるべく早く」警察へご提出することが得策だと思います。

 

質問行政書士さんが警察に古物商許可申請手続き・古物商交替手続資料を持って行ってくれるのではないの?

 

いいえ。基本的にはお客様に警察へ足を運んで頂いております。愛知県内では追加1万円で古物商許可申請・古物商交替手続の申請代行はしておりますが、そうなりますとお客様の負担も多くなってしまいますので愛知県のお客様であっても、ご自身の申請をお勧めしております。こちら側も申請の際に突き返されないように、事前に必要な書類等確認しておりますし、万が一、申請時に警察の方に何かご指摘など受けましたら、その場から電話を頂いております。我々が警察の方に確認を致しますので、ご心配なく警察へ足を運んで頂けるようなフォロー体制を取っております。

 

Copyright© 2010 古物商許可申請、変更手続きから古物商の運営に関する事ならアベルト古物サポートセンター All Rights Reserved.